ハズマ宣教師 HOSMER MISSIONARIES

Hosmer-F 10 sm_c1522285e36380ffa918fe84dce1e5b9

日本にあるアメリカ合衆国空軍に勤めていた、エドワード・ハズマ氏と彼の妻直美はポール・デニス氏のもとにいた。彼らが居住する日本において日本人に対して伝道するという明確な抗う事の出来ない重荷があった。ハズマ氏は軍との法的な契約を犠牲にして軍から退役することに決めた。彼らは8年の間AIMとして仕え、彼らの召しを追い求め続け、数年のうちに日本UPCにおいて劇的な成長を遂げる教会の牧師となった。2002年にUPCより日本宣教師として任命された。バイリンガルによる弟子プログラムを制作し、ミニスターやリーダー聖徒たちの訓練に効果的に活用されている。15年以上日本に居住し、日本語によって指揮し、彼らは神の御国が日本の人々の聖書の救いを身近なものとしている。

While on active duty with the U.S. Air Force in Japan, Ed Hosmer and his wife Naomi were under Paul Dennis’s ministry. Due to an overwhelming burden to reach the Japanese people with the gospel and a specific calling on their lives to evangelize Japan, Hosmer sacrificed a promising law enforcement career and separated from the military. They pursued their calling by serving as AIMers for eight years and currently pastor one of the fastest growing UPC churches in Japan. They received their appointment as UPCI missionaries to Japan in 2002. They have created a bilingual discipleship program which is very effective in training saints and national leaders and ministers. Having lived in Japan for over 15 years (Ed) and being a Japanese national with a command of the language (Naomi), the Hosmers are valuable assets to the kingdom of God in reaching the Japanese people with Bible salvation.