14日間の祈りと断食 14 Days of Prayer and Fasting

歴代志下7:14 わたしの名をもってとなえられるわたしの民が、もしへりくだり、祈って、わたしの顔を求め、その悪い道を離れるならば、わたしは天から聞いて、その罪をゆるし、その地をいやす。

日本ユナイテッドペンテコステ教会のすべての人に全国大会のために、特別な祈りと断食を挑みたいとおもいます。2015年4月17日〜30日の14日間、神の御顔を 求めていきます。ある方は身体的な問題で断食には限りがあるでしょう。各牧師に教会の祈りと断食への召しを熟考して頂きたいと思います。鎖の断食、部分断食、もし可能であるなら完全断食をしてください。私達が生きているこのような時、にこそ私達は神の御顔を求めなければなりません。私達は天から聞く必要があり、許す必要があり、日本に神の動きが必要なのです。

2 Chronicles 7:14 If my people, which are called by my name, shall humble themselves, and pray, and seek my face, and turn from their wicked ways; then will I hear from heaven, and will forgive their sin, and will heal their land.

I am challenging every person in the Japan United Pentecostal Church to a special time of prayer and fasting.  The purpose of this is for our National Conference.  The dates will   be from 17-30 April 2015.  This is 14 days for us to seek the face of God.  Some of you have medical conditions that may limit your fasting ability.  I am asking each pastor to consider calling their churches to a time of prayer and fasting.  Do a chain fast.  Do a partial fast.  Do a complete fast if able.  We are living in a time and day that we MUST seek the face of God.  We need to hear from heaven.  We need to be forgiven.  We NEED a move of God in JAPAN. 

第1日:  誠実さを持って悪い道から離れ、神が日本UPCに悔い改めの賜物を与えてくださるように祈る。

第2日:  神はプライドで高ぶっているものを用いる事が出来ないので日本UPCのリーダー達が自らへりくだるように。 

第3日:  誠実な願いを持って共に一致して、すべての者が平和を追い求めるように 

第4日:  大会に来る全ての代表者、各個人が旅路において恵があるように。

第5日: 主が全国大会のセッションにおいて、すべての説教師達が大胆に説教し、明確に語り、神が彼らに与えた事を私達に分かち合うように。

第6日:  各通訳者が上手く通訳できるだけではなく、すべての礼拝において聖霊の流れがあるように非常な油注ぎがあるように。

第7日:  私達が、霊とまことによって真の礼拝に入ることができるように、全てのミュージシャン、ソングリーダー、賛美のチームが主に用いられるように。

第8日:  大会での事務集会と役員会議において、神の完全な御心と神に従っていくように。 

第9日:  神がミニスターライセンス役員会議の全ての者が、心を整え、彼らの生涯に神の御旨が成し遂げられるように。

第10日:喜び。喜びに満ちている。 このような喜びは神の臨在の中にのみあるものなので、神が私達に喜びを与えてくださるように祈る。

第11日:魂に対する重荷が新たにされ、神が行動に移さなければならない程の魂に対する計り知れない程の哀れみがもう一度日本UPCに新たに与えられるように。

第12日:  収穫のビジョンの回復。神がすでに下さった約束されたビジョンの回復。絶え間ないリバイバルを過ごすビジョンの回復。

第13日:  与える。働きのために私達の時間、賜物(タレント)、宝を与える事が出来るように神に助けてもらう。神は喜んで捧げる者を助けてくださる。

第14日:  大胆さ。神の御国の前進のために積極的になる。神が全ての臆病な状態を取り除き、神の民が大胆に福音を宣べ伝えるように。

Day 1:  Pray that God would give the JUPC a gift of repentance.  A time to pray wholeheartedly turn from our wicked ways. 

Day 2:  That all leaders of the JUPC would humble themselves.  God can not use anyone who is lifted up in pride. 

Day 3:  That there would be a sincere desire to dwell together in unity and to follow after peace with all man. 

Day 4:  Traveling mercy for all delegates and individuals who will be coming to the conference.

Day 5: That the Lord would speak clearly to us during these sessions.  For every speaker to boldly preach what God gives them to share with us.

Day 6:  That God would highly anoint each translator to be able to not only translate well, but flow in the Holy Ghost for every service.

Day 7:  For every musician, song leader, and worship team to be used by the Lord. Helping  us enter into a place of true worship in Spirit and in Truth.

Day 8:  For every business session and board meetings taking place at the conference.  We need to follow after God and be in his perfect will. 

Day 9:  For every person who is meeting a board for ministerial license.  That God would prepare their hearts and that His will be accomplished in their lives.

Day 10:  Joy.  Pray that God would give us Joy.  Fullness of Joy.  The kind of joy that only comes by being in his presence.

Day 11:  A renewed burden for souls.  That God would once again baptized the JUPC with an overwhelming compassion for souls that compels us to move into action.

Day 12:  Restore our vision of the harvest.  Restore our vision of His promises that He has already given us.  Restore our vision of living in constant revival.

Day 13:  Giving.  That God would help us to give of ourselves into the work.  Our time, our talent, our treasures.  That He would help us with the cheerful giving of ourselves.

Day 14:  Boldness.  To aggressively advance His Kingdom.  That God would remove any timidness and that His Children boldly go and preach the Gospel.